1. ホーム
  2. 入院案内
  3. お産

入院案内

入院の時期

入院の時期イメージ

次のような時が入院の時期です。
まずは、クリニックにお電話してください。

  • 陣痛(規則的な子宮収縮)が10分間隔になったとき。
  • 破水(無色透明ななまぬるいお水がおりた)したとき。
  • 出血が多い(月経の2日目くらいの量)とき。
  • 胎動減少・持続的な腹痛・頭痛・はきけ・むくみ・おりものの増加など。

※何かおかしいなと感じた時は、お気軽に電話連絡の上ご来院ください。

分娩方法

  • 分娩イメージ
  • お産についてはこちら
  • フリースタイル分娩
    当院で行われているお産の基本です。
    本来はどの体位であっても胎児娩出を助産師が介助できることを言います。
    現在では陣痛の時期を助産師の指導で楽な姿勢で共にすごし、最後は自由な姿勢で分娩することを言います。
    さぁ一緒にがんばりましょう。
  • 吸引分娩
    分娩の最後の段階は最も狭い産道を最も強い陣痛で児頭が抜けようとします。
    しかし上手くいかない場合は児頭に柔らかい吸引カップを装着して陰圧で牽引することで娩出させることがあります。
    医学的に一定の条件を満たして行いますからご安心ください。
  • 帝王切開分娩
    方法を尽くしても分娩が進行しない場合、胎児の心音が良くない場合、また骨盤位や子宮筋腫手術後で帝王切開が必要と言われている場合などに実施されます。
    麻酔は脊椎麻酔です。
    腹部の切開は、後に傷の目立たない横切開で行われることがほとんどです。
    やはり一定の医学的条件を満たした場合に実施しています、ご安心ください。

(家族の立ち会いについて・・・ご主人や実母さんが立ち会いされることが多いです。
健康状態の良い人で産婦さんが入室を望んでおられる方なら可能です。)

カンガルーケア

カンガルーケアイメージ

生まれてすぐ臍帯を切る前にお母さんの胸に肌と肌を合わせて直接抱っこしていただきます。
生まれてすぐに激しく泣いた赤ちゃんも、安心して直ちに泣き止み、しばらくするとおっぱいをさがし始めます。
生まれてすぐの赤ちゃんは臭いと音に敏感です。
お母さんが肌を合わせて抱っこすることは、愛情形成に大きな意味があると考えられています。
また免疫学的にもお母さんの肌の常在菌が赤ちゃんに移行することは良いことだと考えられています。
赤ちゃんの状態によっては酸素モニター装置を装着します。
本当に幸せな時間です。少なくとも2時間はこのままで過ごします。

入院時の持ち物

入院時の持ち物イメージ

  • お母さんの持ち物
  • 母子手帳・診察券・印鑑・下着
    (ブラジャーはワイヤーの入ってないゆとりのある物。)
  • 骨盤ベルト
  • 入院時は母子手帳と診察券をお持ちください。
    歯みがきセット・パジャマ・ナプキン・スリッパはクリニックでご用意します。
  • 赤ちゃんの持ち物
  • 入院中に必要なものはクリニックでご用意させていただきます。
  • 退院時の衣類・おむつ・おむつカバー・おくるみ
ページの先頭へ