スタッフ紹介|神戸市灘区の産婦人科 亀田マタニティ・レディースクリニック|六甲駅3分

  • お問い合わせ

スタッフ紹介

医師ご挨拶

院長ご挨拶

妊婦の皆様・ご来院の方々へ

この度は妊娠おめでとうございます。
お産は妊娠中から始まっています。
自然なお産のために、お母さんと赤ちゃんのために、妊娠中の体づくりや食生活・生活習慣はとても大切です。

全ての妊婦さんが、自然なお産を心から願っています。しかしお産の痛みが嫌だなと、躊躇しているのではないでしょうか。助産師が一緒にいてくれることで、ツボを心得た適切なマッサージ・体を温めることによる緊張緩和・体をリラックスさせる上手な呼吸の方法、そして何よりも適切な説明が、順調な経過を実感できることにつながり、安心とリラックスを生み出します。ともかく随分違うと考えております。

当院には総勢16名のベテラン助産師が、昼間は4~6名・夜間は2名で勤務しています。お産をするのは妊婦さんご自身ですが、助産師がお産のパワーを最大限に引き出してくれます。もちろんご主人さま・実母さまなど家族の心の支えがあると、尚一層の励みになることは間違いありません。
お産は生理的で自然な営みではありますが、正常な経過から突然母児の状態が悪化することがあります。医師である、亀田隆・橋本尚(副院長)・溝渕真樹(非常勤)は、皆様の妊娠中と分娩経過の中で異常が起こらないようにしてゆくと共に、万一異常が発生した場合であっても、周産期医学の医療水準および産科ガイドラインなど遵守しながら、素早く適切に対応してゆく所存です。

また里帰り分娩の方々もたくさん受け入れています。出来れば診察時間内にお越しいただくかお電話を頂ければ、職員が分娩予約などの対応をさせて頂きます。
かわいい赤ちゃんの誕生は本当に待ち遠しいと思います。私たちは当たり前のお産を当たり前に出来るように、みなさまの妊娠中の診療と保健指導を行ってゆきたいと考えております。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

院長 亀田 隆

院長 亀田 隆(かめだ たかし)

資格・所属学会
  • 日本産科婦人科学会 専門医
  • 日本周産期新生児学会 新生児蘇生Aコース専門医
  • 日本母体救命システム ベーシックコース認定医
  • 母体保護法指定医
  • 大阪大学医学部医学博士
  • 神戸市灘区医師会 理事
  • 神戸市産婦人科医会 理事
  • 兵庫県産科婦人科学会 評議員
略歴
1982年3月
旭川医科大学医学部医学科卒
1982年5月
市立貝塚病院 医員
1984年7月
大阪府立母子保健総合医療センター吏員
1985年7月
大阪大学医学部 研究生
1987年9月
大阪大学医学部付属病院 医員
1988年9月
大阪大学医学部文部教官 助手
1990年7月
大阪労災病院 医長
1991年10月
大阪労災病院 副部長
1994年1月
市立芦屋病院 主任医長
1997年4月
市立芦屋病院 部長
2001年1月
泉大津市立病院 部長
2004年4月
大阪NewARTクリニック 副院長
2005年3月
亀田マタニティ・レディースクリニック 開院
主な文献
  • 重症妊娠中毒症における血小板数の検討
    亀田隆、奥村嘉英、清水廣、福井英人、池沢孝夫、今井史郎、久靖男、竹村喬
    『大阪府立母子医療センター雑誌』1985; 第1巻No2: 36-41
  • Production of Interleukin-6 by Normal Human Trophoblast
    Takashi Kameda, Noboru Matsuzaki, Keisuke Sawai, Takayoshi Okada, Fumitaka Saji, Tadashi Matsuda, Toshio Hirano, Tadamitsu Kishimoto and Osamu Tanizawa
    Placenta. 1990;11: 205-213
  • Localization of Three Subtypes of Fcγ Receptors in Human Placenta by Immunohistochemical Analysis
    Takashi Kameda, Masayasu Koyama, Noboru Matsuzaki,Takeshi Taniguchi, Fumitaka Saji and Osamu Tanizawa
    Placenta.1991;12: 15-26
  • 不妊診療と体外受精胚移植
    亀田隆、長井聡、飯島康史、吉野潔、小尾靖恵江、山嵜正人
    『大阪労災病院医学雑誌』1991:第15巻No1: 34-39
  • 産婦人科医がみたブラジル国際会議
    『助産雑誌』2001年 第55巻:305~308
  • 特別寄稿「いいお産の日」in大阪報告
    『助産雑誌』2002年 第57巻:66~71
  • 特集:周産期から思春期へ~公立医療機関における自然出産~
    『ペリネイタルケア』2004年 第23巻:23~26

副院長ご挨拶

愛媛県松山市出身です。
これまでは大学病院勤務のため患者様とゆっくり向き合う時間をとることが難しく、産科、婦人科の垣根なく広域をフォローする大学病院の経験を生かし、ひとりひとりの患者様とじっくり接し向き合っていきたいと思い赴任致しました。
2歳と4歳の男児の父として出産・育児の苦労を身に染みて感じています。
妊娠・出産・子育ての苦労を楽しみに感じるように、サポートしていきたいと思います。
話しかけやすい雰囲気を心がけています。
検査や治療については勿論ですが、分からないことは何でも聞いて下さい。

副院長 橋本 尚

副院長 橋本 尚(はしもと ひさし)

資格・所属学会
  • 日本産科婦人科学会 専門医
  • 日本産科婦人科学会 指導医
  • 厚生労働省指定 卒後臨床研修指導医
  • 日本周産期新生児学会 新生児蘇生Aコース専門医
  • 日本母体救命システム ベーシックコース認定医
  • 母体保護法指定医
  • 愛媛大学医学部医学博士
略歴
2003年3月
愛媛大学医学部医学科卒
2003年5月
愛媛大学医学部付属病院 研修医
2004年10月
愛媛県立中央病院
2005年7月
市立宇和島病院 医員
2006年4月
愛媛大学医学部大学院
2010年4月
市立八幡浜病院 医長
2011年9月
愛媛大学医学部付属病院 助教
2012年10月
愛媛大学医学部付属病院 病棟医長
2015年12月
愛媛大学医学部付属病院 外来医長
2016年4月
亀田マタニティ・レディースクリニック副院長
主な文献
  • Establishment and characterization of a human cell line derived from a uterine papillary serous carcinoma with wild-type p53 function.
    Hisashi Hashimoto, Atsumi Kojima, Tamotsu Sudo, Noriyuki Ohki, Satoshi Yamaguchi, Yoshiki Mikami, Masaharu Ito and Ryuichiro Nishimura
    Human cell. 2008; 21(3):64-69
  • Germ cell specific protein VASA is over-expressed in epithelial ovarian cancer and disrupts DNA damage-induced G2 checkpoint.
    Hisashi Hashimoto, Tamotsu Sudo, Yoshiki Mikami, Meiko Otani, Takano Masaoki, Hiroshi Tsuda ,Hiroaki Itamochi ,Hideaki Katabuchi and Ryuichiro Nishimura
    Gynecologic Oncology. 2008;111(2):312-319
  • Ivermectin inactivates the kinase PAK1 and blocks the PAK1-dependent growth of human ovarian cancer and NF2 tumor cell lines.
    Hashimoto H, Messerli SM, Sudo T and Maruta H
    Drug Discoveries & Therapeutics.2009;3(6):243-246
  • The direct PAK1 inhibitor,TAT-PAK18, blocks preferentially the growth of human ovarian cancer cell lines in which PAK1 is abnormally activated by autophosphorylation at Thr 423.
    Hashimoto H, Sudo T, Maruta H and Nisihimura R
    Drug Discoveries & Therapeutics.2010;4(1):1-4.
  • 子宮がん予防ワクチン
    橋本尚、藤岡徹、那波明宏
    臨床婦人科産科 2012; 66(5) : 26-29.

溝渕医師

妊娠、出産は不安もたくさんあると思います。
微力ではありますができる限り皆さんが満足できる妊娠生活、出産のお手伝いができるようにお手伝いさせていただきたいと思います。
また、妊娠中でなくてもいろんな悩みや不安があれば何でもご相談いただければと思っています。水曜日午前の外来を担当。二児の母です。

産婦人科非常勤医師 溝渕 真樹

産婦人科非常勤医師 
溝渕 真樹(みぞぶち まき)

資格・所属学会
  • 日本産科婦人科学会専門医
  • 母体保護法指定医
略歴
1991年3月
高知医科大学医学部医学科卒
1991年2月
神戸大学医学部産科婦人科学教室 入局

以後、同大学付属病院にて研修の後、愛仁会高槻病院、鐘紡記念病院などの産婦人科を勤務

2005年4月
亀田マタニティ・レディースクリニック開院時より勤務(非常勤)

片山医師

主に月曜と金曜の午後に片山キッズクリニック勤務の小児科医と交代で新生児診療を担当しています。
■片山キッズクリニックホームページ http://www.katayama-clinic.jp

小児科非常勤医師 
片山 啓(かたやま はじめ)

資格・所属学会
  • 日本小児科学会専門医
  • 神戸市灘区医師会会長
  • 神戸市小児科医会副会長
  • 片山キッズクリニック院長
略歴
1977年3月
東京大学理学部生物学科卒
1984年3月
東京大学医学部医学科卒
1984年4月
東京大学医学部付属病院小児科 入局

以後、焼津市立病院、国立小児病院、東京大学医学部、米国ミネソタ大学、山王病院などの小児科に勤務

2006年4月
片山キッズクリニック開院

スタッフの紹介

看護スタッフ

看護スタッフ出産や育児は人それぞれ全く違います。
主役は赤ちゃんとお母さん。
そして一番のサポーターはお父さんをはじめご家族の皆さんです。
私たち看護スタッフは、赤ちゃんとお母さんが本来持っている力を最大限に発揮して出産の瞬間を迎えられるように寄り添って見守ります。そして、ご家族と一緒に育児のスタートを切るお手伝いをさせていただきたいと思っています。

当院の看護スタッフは助産師がほとんど(18名中16名が助産師)です。経験豊かなスタッフが、妊娠中から出産・育児までトータルでサポートさせていただきます。

皆さんの家族のようなつもりで何でも相談して下さい。

厨房スタッフ

"食"を通じて身体の中から"笑顔"に!

「豪華、きれい、美味しい・・・etc」だけではなく、食を通じて産婦様が「リフレッシュ」できることが、亀田マタニティ・レディースクリニックにおける私達、厨房スタッフの役割と考えています。

~ for your smile ~

すべてはあなたの笑顔のために産後の疲れを吹き飛ばし、「楽しく、ワクワク、待ち遠しい」。
そんなリラックスした時間を過ごしていただくため、シェフとキッチンスタッフが心を込めて調理し、とびきりの笑顔でお部屋までお食事をお届けします。
食事のことなら何でもお気軽にご相談下さい。

受付・事務

いつも笑顔でスタッフがお迎えします。
分娩の予約や、分娩費用、診察予約・入退院の手続きなど、ご不明な点はお気軽に受付にてご相談下さい。

ハウスキーピング

4名のハウスキーパーが毎朝、診療所の周辺・外来共用部・廊下・各病室・LDR(分娩室や陣痛室)などの清掃や洗濯などの衛生業務に携わっています。
何か困ったことがあればお声をかけて下さい。



© 亀田マタニティ・レディースクリニック

ページ
TOPへ