ご予約 お問い合わせ分娩予約

お産の豆知識

tidbits

「妊娠悪阻」と「つわり」

「つわり」の原因はよく分かっていません。

・子宮が増大し消化器系が圧迫されること。

・プロゲステロンというホルモンが上昇し、消化器系の運動が低下すること

・hCGというホルモンが急激に増加すること。

・妊娠への不安や、職場・家庭のストレス、母になることへのプレッシャーのような精神的問題。

・胎盤が未熟な時期に、子宮内の胎児を異物と判断してアレルギー反応のようなものが起こっている。

等の説がありますが、はっきりとは分かっていません。

 

ホルモンが変化することも、妊娠して不安に思うことも妊婦さん全員が少なからずあることです。しかし、まったく「つわり」がない人もいれば、妊娠反応陽性になってすぐから「つわり」に苦しんでいる人もいます。誰が「つわり」がひどくなりそうとか、「つわり」が軽そうだとかは予測がつきません。よく男の子なら重く、女の子なら軽いと言いますが、根拠はありません。

それでは、「つわり」が病気かと聞かれると、「つわり」は妊娠に伴う吐き気や嘔吐症状で妊娠に伴う生理的なものであり、病気ではありません。全妊婦の50〜80%に認められる吐き気や嘔吐症状です。という答えになります。

しかし、「つわり」が重症化すると妊娠悪阻」という病気になります。毎日嘔吐し、尿中ケトン陽性(代謝異常がある)、5%以上体重減少と一般的には言われますが、「つわり」との明確な線引きはありません。全妊婦の0.5〜2%に発症すると考えられています。つまり、「つわり」もひどくなれば「妊娠悪阻」という病気です。

 

「妊娠悪阻」の治療は

・心身の安静と休養・・必要あれば仕事を休む(母性健康管理カード利用できます)

・少量頻回の食事摂取

・水分補給

・内服薬・・制吐剤や漢方薬

・輸液(外来での点滴)・・自分で水分摂取が難しければ

・輸液(入院)・・日常生活も出来ないほどしんどくなることもあります。その時には休養+輸液治療のため希望に応じて入院することもあります。

 

「妊娠悪阻」の予防には、葉酸・ミネラルなどを含有した「妊婦用マルチビタミン」を妊娠前から服用すると効果があるという報告があります。また適度な運動をすることで消化器の血流を良くし、症状を軽減することが期待できます。

「つわり」は病気ではありませんが、ひどい「つわり」の「妊娠悪阻」は病気です。ひどいか、ひどくないかの診断基準ははっきりとしていませんが、水分が摂れない場合やしんどい時は脱水の可能性が高いです。その際は輸液をすれば楽になる可能性が高いので、遠慮せずクリニックに連絡してください。

「つわり」は胎盤が完成しホルモン変化が落ち着く16週頃までには軽快することが殆どです。急激な妊娠した身体に対応するための反応ですから、必ず良くなると思って乗り切りましょう。

副院長 橋本

副院長 橋本

ページ
トップへ
loading