ご予約 お問い合わせ分娩予約

お産の豆知識

tidbits

赤ちゃんが小さいと言われたら(胎児発育不全)

妊婦健診で「赤ちゃんが小さめですね」と言われて心配になることがあります。昔は超音波検査もなく、子宮底長(母子手帳にある妊婦健診でいつも測る子宮の縦の長さ)測定で推測していました。現在は妊婦健診で子宮底長測定を毎回行い異常があれば超音波検査で調べること、30週までに超音波検査で週数相当か確認することが推奨されています。ただ、肥満や子宮筋腫や子宮腺筋症等があれば子宮底長は胎児発育と相関しないこともよくあります。ほとんどの産科病院・クリニックはそうだと思いますが、当院では毎回超音波検査を妊婦健診で行っています。超音波検査で計測し胎児体重基準値で-1.5SD(おおまかに言うと同じ週数で比較して2週間くらいの遅れ。背の順で並んで100人中7番目以下)が目安になります。1回で診断せず、再検して成長を診ていくことも重要です。

 

原因

1 母体要因

  • 両親の体格が小さく、赤ちゃんが小さめの個性
  • 妊娠中のお母さんの体重増加不良
  • 喫煙・アルコール摂取
  • 母体合併症(妊娠高血圧症候群、糖尿病、心臓病、腎臓病、甲状腺疾患等)
  • 子宮奇形や子宮筋腫

2 胎盤と臍帯

  • 胎盤機能不全・・これが一番多いと言われています。羊水が減ることが多いです。
  • 臍帯過捻転・・へその緒は軽く捻じれているのが普通ですが、強く捻じれると血液の流れが悪くなります。
  • 臍帯付着部異常・・胎盤の中央からではなく、胎盤の端の方から臍帯が出ている場合も、臍帯の血液の流れが悪くなりやすいです。

3 胎児要因

  • 染色体異常・・18トリソミーや13トリソミー等
  • 胎児奇形・・大きな心奇形や奇形症候群の場合も成長しなくなることがあります。
  • 胎児感染・・風疹・サイトメガロウイルス・パルボウイルス・トキソプラズマが代表です。

 

赤ちゃんが小さいなと思ったら、産婦人科医は上記のようなことを考えながら、お母さん・胎盤と臍帯・赤ちゃんを診ていきます。個性であればしっかり小さいながらも成長していきますが、胎盤機能不全等の場合は成長がストップしてしまうこともあります。その場合は超音波検査で羊水量が減少したり、臍帯の血液の流れが悪くなったりするサインが出てくることが多いです。

赤ちゃんの成長が緩やかになってくると、お腹の中で赤ちゃんがしんどくなってくる可能性があります。しんどくなってくる前の元気な間に分娩してあげた方が良いです。正期産であれば分娩誘発や帝王切開も考えられます。小さな赤ちゃんの方が分娩時にしんどくなることが多いので、通常よりハイリスクな分娩になります。

染色体異常や先天性感染のような特殊な状況以外では、赤ちゃんは産まれた後は通常と同じでぐんぐん大きくなっていきます。小さな赤ちゃんも産まれてもいい時期(とくに正期産37週以降)であれば、お腹の中で大きくするよりも、分娩しておっぱい・ミルクで大きくしてあげた方がいいと思います。

 

「赤ちゃんが小さい」と言われたら妊婦健診の間隔が通常より短くなったり、色々な検査をしたりするかもしれませんが、原因検査のためです。へその緒の付着部位や捻じれは誰もどうすることも出来ません。お母さんの出来ることは、

  • 喫煙・アルコール摂取をしないこと。
  • 合併症(糖尿病、心臓病、甲状腺疾患、膠原病)があればしっかり治療継続すること。
  • 妊娠高血圧症候群に気をつけた食生活をすること
  • 適度な体重増加(大まかに言えば+10Kg)のため規則正しい食生活をすること

 

上記を気にしながらしっかり主治医の先生と相談して、赤ちゃんがしんどくなる前に色々な対策をしていけばいいと思います。

副院長 橋本

副院長 橋本

ページ
トップへ
loading