1. ホーム
  2. よくある質問
  3. 診療について

よくある質問

※各質問をクリックすると質問に対する答えが表示されます。

貴院の特徴をお教えください。
自然なお産を助産師とともに導くようにします。
妊娠中はお産にむけた体づくりを、陣痛が始まったら本来の自然な生む力が得られるようにします。
妊娠中から母乳に配慮した保健指導を行います。
子育て支援として、かめっこクラブ・拡大かめっこクラブ・かめっこスクール・ベビーマッサージ・ベビーダンス・ベビーサインなどを行なっています。是非とも参加してみてください。
前のお産が大変でした。陣痛のときに一人ぼっちにならないか、陣痛も不安です。
当院では陣痛が来てからは、常時助産師が付き添います。
当院にはベテランの助産師が16名おり、必ず助産師が分娩の進行を見守るようにしています。
お産のことを知り尽くした助産師が、あなたのお産にマッチした過ごし方を提案してゆきます。ご安心ください。
助産師さんはいますか?
助産師はパートを含めて16名が在籍しています。
お産のときに助産師と過ごすことがとても大切です。
入院してから不安な陣痛の時期を常に伴に過ごし、 不安を除きお産を導いてゆきます。
16名のベテランと言える助産師がお産にあたります。
外来にも助産師が常駐し、妊娠中の様々な相談に応じています。
緊急事態に対して提携病院はありますか?
妊娠・出産・産後を通して緊急事態の発生が考えられ、万一の場合は兵庫県周産期医療システムを利用して周産期センターに相談・紹介・搬送を行なっています。
周産期医療センターとしては、神戸市立医療センター中央市民病院(神戸中央市民病院)・県立こども病院・済生会兵庫県病院・神戸大学などと密接に連携しています。
妊婦健診の費用について教えてください。
健診料は3,000円、超音波が2,500円です。
厚生労働省は、妊婦健診は妊娠4ヶ月~6ヶ月までは4週間ごとに、妊娠7ヶ月から~9ヶ月までは2週間ごとに、10ヶ月では毎週行なうことを推奨しています。
その他の検査費用などについては、直接窓口でおたずねください。
妊婦健診補助券について
市町村によって異なりますが、神戸市では母子手帳交付と同時に「妊婦健康診査補助券綴り」という冊子をもらいます。C 5,000円券14枚、1,000円券18枚、2,000円券5枚および妊婦歯科健康診査受診券1枚が含まれています。
妊婦健診や血液検査ではこれらの補助券を使用します。
超音波エコー検査によるUSB録画は可能ですか?
妊娠初期の経腟エコーおよび妊娠4ヶ月以降の腹部エコーの両方のエコーでUSB録画が可能です。
USBはご持参いただいても当院でご購入いただいてもけっこうです。
メモリーは4G程度が良く、1個1,000円で購入が可能です。受付にお申し出ください。
3D・4D・HDライブとはどんな画像のことですか?
3Dは立体の静止画像のことです。4Dは立体の動画です。
超音波エコーの機械性能が向上したことによって、3Dと4Dの画像は目を見はるものがあります。
妊娠4か月以降の腹部エコー検査で見ることができます。
ただし胎児が子宮壁や胎盤に近接していたり、後方(妊婦さんの背中側)を向いていたり、腕や足や臍帯などが邪魔になって見えにくいこともあります。
HDライブとは3D画像で、光の当て方を変えたり、胎児に色を付けることでより実物に近い画像を得ようとするものです。

上記以外に関するお問い合せ

お電話又はお問い合せフォームよりご相談ください。

TEL:078-822-4188

〈午前診察〉9:00~12:00/月~土〈休診日〉日・祝
〈午後診察〉16:00~19:00/月・水・金

お問い合せはこちら

ページの先頭へ